ウォーターサーバー徹底比較 ~Aqua Water~ TOP > 水の成分について

水の成分について

天然水に含まれる成分には、マグネシウムやカルシウムの他に、カリウム、ナトリウム、亜鉛、有機ゲルマニウム、バナジウムなどがあります。それぞれの特徴・性質は通りです。

化学の成分 特徴・性質
マグネシウム 酵素の働きを促進する効果があります。骨の形成の他、心臓や血管が正常に機能するのを助けてくれます。下剤の成分としても作用します。
カルシウム 骨の形成の他、脳や神経、筋肉の働きに関係しています。人体の中で最も多いミネラルで、緊張の緩和、イライラを鎮めるなどの生理作用があります。
カリウム 細筋肉の弛緩を調節したり、腎臓における老廃物の排泄を促進する作用があります。糖尿病や高血圧の方、メタボリックシンドロームの予防に効果的です。
ナトリウム 体液の濃度調節や血圧維持、神経伝達や筋肉の収縮を行い、体内でカリウムと一定のバランスを取り合っています。日射病の予防などに役立ちます。
亜鉛 免疫向上を助け、抗酸化、味覚の正常化作用があります。亜鉛は体内に貯蔵する方法が発見されていないため、常に補給する必要があります。
有機ゲルマニウム 体内の酸素を豊富にし、悪玉の水素イオンを排除する作用があります。疲労・老化原因を取り除き細胞を若返らせる効果が認められています。
バナジウム インシュリンによく似た働きをし、血糖値を下げると言われています。他にもコレステロールの代謝を促すことや、中性脂肪値を正常に保つなどの効果があることで知られています。

水道水の成分と危険性

水道水は、やかんなどに入れて沸騰させると内側に結晶が付着します。これは大量に含まれる塩素や含有物質が原因です。血液やリンパなど体液を汚してしまったり、肌を痛める要因にもなります。水道水は水道法により水質基準が決められています。一般的に水道水はダムの水が利用されますが、閑居いう汚染により様々な加工が必要で、基準を満たすために大量の塩素で殺菌されています。この塩素が水に残留したままになるとトリハロメタンという物質が発生します。これは発癌性があるとされる物質で注意が必要です。対策としては煮沸消毒か浄水器の使用が挙げられます。煮沸消毒の場合、沸騰したあと15分から20分から必ず加熱し続けるようにしてください。これは沸騰直後はトリハロメタンが通常の2倍から3倍発生するからです。安全にも時間節約にも繋がる浄水器を利用することが最も効果的な対策であるのは間違いありません。

Banner