ウォーターサーバー徹底比較 ~Aqua Water~ TOP > ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは

ウォターサーバー画像

ウォーターサーバーとは、上部の専用ボトルにろ過水またはミネラルウォーターをに設置することで、いつでも自由に冷水と熱湯を出すことができる機器のこと。様々な施設などで見かけることが多いかと思いますが、現在では家庭用に設置している方が急増しています。

コンビニやスーパー等で水を買う方は、水道水のカルキ臭に耐えられなかったり、健康上のことを心配している場合が大半を占めているようです。様々な利便性があるということ、長い目で見た場合に大変お得であるということからここ数年で世間一般に浸透し、注目を集めるようになりました。

家庭用と業務用

ウォーターサーバーには、家庭用と業務用があります。元々は企業や店などに設置されている場合ががほとんどで、家庭に置かれているのを見るのは極稀でした。しかし、近年の健康ブームによって普段口にする水への意識が高まると共に家庭用の製品も広く普及していきました。皆さんのご友人やお知り合いにも導入されている方がいるのではないでしょうか。わざわざお店に買いに行く必要なく、いつでも美味しい水が飲めるというのは、実際に使ってみると非常に便利なものです。一度設置したら使い続ける方が多いのも頷けます。

「ウォーターサーバー徹底比較~Aqua Water~」では、人気の家庭用ウォーターサーバーを中心に、その特徴や利点などを説明していきたいと思います。

ペットボトルとガロンボトル

各ウォーターサーバーは上部に専用ボトルを設置することで利用することができます。ボトルの種類にはペットボトルとガロンボトルの2種類があります。

どちらのタイプにも長所と短所があります。ペットボトルタイプのものは使い捨てることができ空気が入りにくい設計になっているので衛生的ですが、若干の割高感があります。ガロンボトルタイプのものは昔からあるタイプで再利用可能なことからエコの観点から優れているといえます。しかし、中の水が減ってくると空気が入ってしまう点や環境ホルモンへの影響が懸念される成分がボトルに使用されているものあるなど、不安要素もあります。

当サイトのコンテンツ"人気ウォーターサーバー"では更に具体的に個々の特徴を紹介していきます。

必要な費用

気になるのが、サーバーをレンタル・購入することで必要になるお金のこと。主に次の4つの費用が発生します。

~レンタルする場合~ ~購入する場合~
1、ウォーターサーバーレンタル費用 1、分割支払の場合のみ分割費用
2、ミネラルウォーター代 2、ミネラルウォーター代
3、メンテナンス費用 3、メンテナンス費用
4、電気代 4、電気代

注意してすべき点は、レンタルの場合は早期解約の際に解約料金がかかる場合があるということ、定期メンテナンス費用や、故障時の修理費用が業者毎に違ってくることです。無料で実施しているところも多いのですが、導入前にはしっかりと確認するようにしましょう。当サイトでは各サーバーごとにまとめているので参考にしていただければと思います。

もう一点、メンテナスは業者さんが定期的に実施している場合が多いのですが、月に数度は可能な範囲で良いのでご自身でお手入れをすることをおススメします。

お手入れ方法

ご自身でお手入れする場合、事前にサーバーの電源を切り、コンセントから抜くようにしてください。

まず、差し込み口とその近辺をしっかりと掃除するようにしましょう。拭く際はアルコール系衛生材を使い消毒することで、製品を衛生的に保つことができます。

じゃぐちと受け皿は、毎回使用するたびに水に触れる部分です。同じくアルコール系の衛生材で丁寧に拭きましょう。

製品の外側も、常に外気に触れているので汚れやすい場所のひとつです。差し込み口やじゃぐち、受け皿ほどではなくても、ふきんなどで軽く拭く習慣をつけておくと外観を綺麗に保つことにもなるので良いと思います。

ウォーターサーバーを常に衛生に保つことで、気持ち良く美味しい水を飲むことができます。面倒くさいと感じるかもしれませんが、時々気にかけるようにすれば業者さんの定期訪問の際に白い目で見られることもないかと思います^^

ウォターサーバーを持つ利点

・とにかく便利で健康的!
水は人にとってなくてはならないもので、人体の60~70%は水分で構成されています。臓器の未発達の赤ん坊にいたっては80%と水が人の体に与える影響は大きく、健康と密接な関係にあります。ご家庭にウォーターサーバーを置くメリットのひとつに、いつでも好きな時に、綺麗で美味しい、衛生的な水を飲むことができるという点が挙げられます。さらに、冷水と熱湯を使い分けることができるので、料理に使用したり、コーヒーや紅茶、お酒の湯割など、様々な場面で活躍してくれます。水や温水・熱湯を、状況に合わせて上手に使うことで、身近に綺麗で美味しい健康的な水があるというメリットを最大限に活かせます。

経済的な画像

・長期的に考えると経済的!
各サーバーに使われる水の価格はまちまちですが、ペットボトルサイズ(500ml)に換算すると大抵どこを利用した場合でも数十円の範囲に収まります。日常的にコンビニ等でミネラルウォーターを買っている方にとっては長い目で見るととても経済的だといえます。レンタル代が無料で、無料お試しキャンペーンを実施している会社もあるので、短期的に見た場合でもお得なケースもあります。

Banner